ランバダ vol.3
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ランバダ vol.3

¥600 税込

送料についてはこちら

日常の悲喜交交を綴ったわかしょ文庫さんの「ランバダ」シリーズ待望の第三弾。 著者は変幻自在巧みに文体を乗りこなして、自分の過去や周囲と向き合う。文体とはそのためにあったのかと思わせられる一冊。 「自分で壊しておいて不謹慎だし、絶対に誰にも言えないのだがしかし、その残骸はあまりにも美しかった。以前までのプログラムは、その厳しいきまりに従っているがゆえの、整理整頓された機能美があった。だがわたしによってその機能が破壊されたことで、そこには純粋な美があった。音も光もない、死と絶望の世界がそこには見えた。」(「アブラカダブラ」より) ◾️目次 アブラカダブラ 鉄瓶 日輪 こんちゃんの脇 接着剤 台風 魚群 大地くん 1999年のポケモンピンボール 祖父の葬式2.0 あとがき 著:わかしょ文庫 文庫版 97P 並製本 2021年5月刊